主婦 キャッシング 総量規制

MENU

主婦キャッシングに対しての総量規制の影響

消費者金融の中心的なサービスである個人向けキャッシングは、手続きをしっかりすればお金を借りる事が出来るというのが魅力の商品です。
20歳以上で安定した収入を得ている場合は、アルバイトや派遣社員でも利用する事が出来ます。

 

このために、これらで収入を得ている主婦はキャッシングを利用できるという事になります。
ただし、自身が収入を得ていない専業主婦の場合は、対象からは外されています。
これは、2010年に行われた貸金業法の改正施行が関係しています。

 

 

 

 

貸金業法は、消費者金融等の貸金業者を規制するための法律であり、新たに総量規制という規則が加えられています。
総量規制とは、借入総額は年収の3分の1以内に制限するという内容で、借り過ぎによるトラブルから守るという事が目的となっています。

 

総量規制が施行された事により、希望額や他社借入金額によっては、
源泉徴収票や給与明細書等の収入を証明するための書類の提出が求められています。
新規借入を行っても、年収の3分の1以内である事を証明しなくてはならないからです。

 

年収を得ていない専業主婦の場合は、消費者金融やクレジットカード会社が提供している個人向けキャッシングを利用する事は出来ません。

 

ただし、銀行のキャッシングは、この規則の対象からは外れているので、
専業主婦も利用可能としているケースを見つける事が出来ます。
一般申し込み者よりも限度額は低くなっていますが、配偶者の同意書の提出を求められる事はありません。

 

 

主婦キャッシングのおすすめを知ろう ⇒ クリック☆